13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Trick or treating!
c0134349_13233866.jpeg
待ちに待ったHelloween当日。




学校では、2時からパーティがあるので
みんな仮装の用意をして登校。
先生は朝からノリノリで
ミニーマウスやヤシの木?なんてのも。
スクールバスの運転手さんも天使だったり。
一人一袋ずつ、指定のお菓子を持っていき
(持ち寄りがかぶらないように、先生が調節して
連絡している模様)
みんなで分け合って楽しんだ様子。
家族と一緒に食べてね、と
アソートパックも持って帰ってきました。

3時半に学校が終わったら、
そのままお友達と
近所のシティセンターへ直行。
ここは、いわゆるショッピングモールなのですが
お店を回ってTrick or treatingできるのです。
全店が参加しているわけではなく、
入り口にオレンジと黒の風船がついている店が対象。
他にもフェイスペインティングや
コスチュームコンテストなんかもあったみたい。
c0134349_13233784.jpeg
我が家は、エントランスロック付きアパートメント住まい。
夜、家々を回る本格的なTrick or treatingは
どうかな?と思っていたのですが
(正直、知らないお宅に突撃するのはなかなかハードルが高いような)
幸い、お友達が誘ってくれたので
そのご近所でやってみることに。

子供総勢8名プラス父兄。
どうも、
Helloweenの飾り付けをしているか
玄関の外灯をつけている家しか訪問しない、という
暗黙の了解があるようで。
そういうお宅を探していきます。

たくさん子供たちが来るエリアでは
最後の方は
「もうキャンディありません」
と玄関に張り紙してあったりするよう。
人によっては、車に乗って住宅街を回ったりするんだって。
高級住宅街は、もらえるお菓子もいいらしいよ、
なんて、雑談するのも楽しい。

天気が崩れそうなので、早めの6時集合でしたが
結局8時前まで歩き回りました。
親たちにもいい運動です。
c0134349_13233794.jpeg
もらえるのは、こんな感じで
飴やチョコが多いですが
シティセンターの方はバリエーションがあって
サブウェイではチップス、
コミックショップでは、ペラペラだけどコミック、
子供服屋では、紙のメガネがもらえたりしました。
PinkaBella Cupcakesでは
普通に通常お店で売っているカップケーキがもらえました。
太っ腹です。美味しかった!

娘も私も、アメリカのお菓子に馴染みがないので
色々味見ができるいい機会になりそう。

右下の写真に写っている
オレンジ&黄&白のが
Candy cornと呼ばれる
Helloweenらしいお菓子の代表のようですが
娘は嫌いなようで
いっぱい余ってます。。。
マフィンやクッキーにトッピングしたら
食感が変わって
美味しくなったりするかな?

[PR]
by sayakafi | 2016-10-31 21:24 | event
<< 冬の、あおりトート Waiting Helloween >>