13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Tärkeän ihmisen päivä


今日の午前中はプレスクールへ。



Tärkeän ihmisen päivä という
子供達にとって大事な人を招く日なのです。



朝9時から、歌と詩の朗読があり、
それから、お互いの似顔絵を描いたり等の図画工作が
3種類ほど用意されていました。
その後は、一緒に絵本を読んだり、ボードゲームしたり。



10時からはカフェコーナーも開設。
好きなタイミングで
コーヒー・紅茶・ジュースと、野菜ピザに
子供達が焼いたmoccapala↑というお菓子を。

12時までオープンで
その間、好きな時間に訪れていいという事になっていて
両親や、おじいちゃん・おばあちゃんが入れ替わりに来る子もいれば
仕事の関係で、お父さんが朝ちょっと寄ったり
途中でちらっと訪れるのもアリ。
このフレキシブルな感じがフィンランドらしいです。

うちの子はこういうイベント大好きで
気がついたら、よその親子に混ざってゲームしてました。

金曜日は、もともと音楽と図画工作の日なので
それに、混じっている感じかな?
私たちにとっても、子供たちの日常が垣間見られる
いい機会でした。

プレスクールからは義務教育なので
基本的には5月末で終わりです
(今年は暦の関係で6月3日終業式)。
そう考えると、このプレスクールも
あとちょっとなんですよね。。。

特別なイベントも増えてきて、水泳の日や遠足の日は
いつもより早く連れて行かなくてはならなかったり
特別な持ち物があったり。
こちらの学校は小学校も含め、
毎日同じ時間には始まらないと聞くので
少しずつその練習にもなっているのかな、と思います。

先日、どこの小学校に通う事になるのか
決定の通知が来ました。
うちは希望通りになってホッとしたのもつかの間
仲良しさんの一人が隣の小学校になってしまって、、、残念。
2週間以内は異議申し立てができる仕組みになっていますが
どうなるでしょうか?

そして学校が決まったら、今度は学童保育の手配も
(去年は希望しても入れなかった子がいたとか)。
それが決まるまでは、またドキドキですね。

うちの市の場合は、
Vilmaと呼ばれるネットのシステムがあり
そこで申し込みし、決定の通知も全てそこに送られてきます。
便利な世の中です。

[PR]
by sayakafi | 2016-04-22 20:33 | daughter
<< Tilkkutyö; Päiv... Kirjekuorilaukku >>