13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Pääsiäinen 2016 その2


イースター当日は
(ムスメの風邪もよくなってきたので)
Nuuksioへ散策に。






まだまだ光が届きにくい森の中は
雪解けが凍りついていて、ツルツル。
滑りやすくて歩きにくい。

それでも、春の息吹を感じたい人々で
駐車場を探すのも一苦労するぐらいの賑わい。



やっぱり気持ちいいなー!
ここ、大好きです。



イースターといえばラム肉、ですが
うちは特にイースター料理は用意せず。

でも、旦那さんの同僚が来て
一緒に餃子を作ったので
それにラム肉を入れてみました。
全然違和感ありませんでしたよ。。。



月曜の、イースターホリデイ最終日も
いい天気!

サイクリングに行こうよ!と誘ったけど
ムスメは行きたくないと言うので
(彼女を一人にできないので、旦那さんが残ることに)
一人で自転車に。

あー気持ちいい
太陽の光も、森の空気も!



色々ぐるぐるして堪能した後は
Villa Elfvikへ。
この古い建物でお茶するのが、
なんだか好きなんだよなあ。

偶然、ムスメのお友達のお父さんとお兄さんにも会って
立ち話。
散歩しながらバードウォッチングしてるんだって。
この辺りは、色々な鳥がいて、いい所らしいですよ。



ほどよく疲れて帰ってきたら、
プッラが焼けていました。
パンを焼く匂いって、なんでこんなにいいんでしょう!
幸せ。

ーーー



先週の日曜は、Palmusuununtaiといって
子供達にとって大事な日。
魔女や、うさぎ等
イースターにちなんだ仮装をして
先日飾ったネコ柳の枝をもち、
近所の家々を回って、1年の幸運を祈り
そのお礼に、お菓子や小銭をもらえるというもの。

今年は、お友達の家に行って、
彼女たちと一緒に
その近所の家々を回ってきました。
もうこの歳(6歳)になると、友達同士で行きたがるので
まだケータイももたせていないし、親としては少々心配ですが、
ここのエリアは車も少ないし
同じ年頃の子が多いので、親同士も顔見知りが多く
安心して行かせられるのです。

2時間歩き回って、
大量のお菓子と小銭をもらって
ご機嫌で帰ってきましたよ。



そういえば、
先週は、2年ぶりに
オペラのオープンハウスにも行きました。
オープン前に、外部に並ぶほどの人出で驚きましたが
今回も、楽しかったです。
コンサートを少し楽しめるようになったムスメに
成長を感じました。

ーーー

イースターには関係ない日本人ですが
春になるのは嬉しい!
この日曜日から、フィンランドもサマータイムへ移行し
日本との時差はー6時間になりました。
[PR]
by sayakafi | 2016-03-28 02:43 | life
<< Tytön puku Tilkkutyö; Päiv... >>