13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Ommellaan tääs 7; Tシャツワンピース jnk.


ムスメ用ワンピース。



Polka dropsさんの本
「かんたんすっきり おんなの子服 おとこの子服」から
Tシャツワンピース 120サイズを。

「魔女の宅急便」の影響もあって
ずっと前から黒のワンピースが欲しかったらしいので、
黒のマリメッコのニットで、魔女っぽく。

今週の金曜日には、プレスクールで
Noitajuhlat(魔女祭り)する様なので、
滑り込みセーフで出来上がりました!
(フィンランドの魔女は、一般の人がしない様な
 変な格好するもんなんですが
 彼女の中では、黒のワンピースがスタンダードらしい。
 その辺りは、いろいろ混ざっいるようです)

教室で、黒糸のロックミシンの調子が悪く
重なり部分の前後で目とびしてしまったので、
レジロンで補強する手間がかかってしまったけど
全体的には満足。



そして、こちらは自分用の長袖Tシャツ。

普段、こういう普通のものは買ってすませる主義
(この国は布が高いし、種類が少ないので)なのだけど
必需品の黒Tがヨレヨレなことに気づいたので。

型紙は、feb-fabricのフリーパターンをサクッとダウンロード。
7号デフォルトでぴったり、
大きすぎない襟周りが気に入りました!

この布地、3mパック15ユーロの超お買い得品だったのですが
ハイゲージでとってもいい感じー!
まだ出来上がっていない1枚を含め、3枚分取れました!
もうちょっと買っておいたらよかったかもしれない。。。

最近、切る前に全ての型紙を用意しておいて
配置する時によく考えると
かなり無駄を出さないで済むことがわかりました。
前回の水玉も2mで3枚取れたし、
綺麗に使いきれると気持ちいい!
その分、はさみを入れるまでに
悩んでしまい、時間はかかってしまいますが。

ーーー



以前作った冬タートルの1枚目、
そで・すそ共にリブなしにしたのですが
以前の記事はコチラ
使っているうちに、心なしか短くなってきました。
すそは気にならないのですが、
そでは8部丈ぐらいな感じになってきて。
悩んだ挙句、ダブルステッチを解き、
共布でそでを作り(縫い代込みで21x8cm)、つけてみました。

これでも、手首は見えるけど
つんつるてんな感じはしない。よし。
こうやって、カスタマイズできるのが手作りの良いところ。

さて、縫いたいものはたくさんあるのですが、
裁縫教室は、あと1回。
やっぱり、家では縫えないニット系かなー?
[PR]
by sayakafi | 2016-03-16 03:35 | handmade
<< Ommellaan tääs ... Pääsiäinen 2016 >>