13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Kassi jnk.


アクセサリーポーチ、作りました。




布は、コスメポーチ(Meikkipussi)と同じ。
旅行の時に一緒に使う事を考えて。

参考にしたのは、コチラ
コッカという布屋さんのサイトのもの。



もともとのサイズは
幅9cm、⻑さ(広げたとき)約15cm。

でも、自分が旅行に行く時の事を思い出してみると、
特に夏の旅行の場合、
夕食は基本的にワンピースに着替えて、
アクセサリーも大振りのものに変更するので、
もっと大きくないと、と
幅10cm、長さ20cmに変更。

これでも、大振りのブレスレットは無理だけど。
それ以外のものをひとまとめにする為のものに。

例えば、こんな感じ↑。
ちなみに、ここに出ているのは、
今の(冬の)アクセサリーたち。
実際には、夏はもっとカラフルで軽く、大きいものを
身に付けたくなるので
もっと違う感じになると思うけど。。。



傷がつかないように、
上と下のポケットに入れたら
三つ折りにしてボタンで留めます。

やはりキルト芯を入れたので、ふっくら
(パンパンともいう)。
でも、アクセサリーはバッチリ守ってくれそうで
いい感じになりました。

夏のイタリア旅行の時の事とか
思い出して作っていたら
また旅立ちたくなってきましたーー。



そういえば。
私が旅行する時に必ず持っていくものといえば
ビニールのショッピングバッグ!

奥の青いイケアのものは
誰でも知っている便利グッズだと思います。
私は、日常で使う事はあまりないのですが、
冬の旅行の時、必ず機内持ち込みします。
飛行場で、家族分の上着やマフラー、手袋などをまとめておく為です。
機内で荷物をあげておく時も、これなら安心。
手袋が片方だけなくなったりしません。

手前の2つは、ともにKマーケットという
フィンランドのスーパーチェーンの買い物袋。
他のスーパーでも、同じようなバッグを出していますが
ここのスーパーは、定期的にコラボものがでていて
これはIvana Helsinkiとのコラボ。

こちらは、広げるとバッグ自体が自立するので
イケアのものより、さらに使いやすく
イタリア旅行の時には、海バッグにしたり
ランドリーバッグにしたり、毎日活躍しました。

他にも、リサイクルセンターなどでも
オリジナルのビニールバッグを出していて
かわいかったな。
フィンランドの人は、泳ぎに行く時にも使うようです。
汚れたら、濡れ布巾で拭けばいいし
高くても3ユーロぐらいなので惜しげない。
オススメです。

手前に折りたたんであるのは、
h&mで買い物すると入れてくれるビニール。
小さめなものを何枚かカバンに忍ばせておくと
ゴミ袋にしたり、濡れたものを入れたりで
これまた便利でした。



さて、脱線しましたが
これまたバッグ(Kassi)を作りました。
トートと肩掛けの2ウェイになるもの。

ネットサーフィン(古い?)していたら見つけたバッグを参考に
こんなかんじかなーと。
一応、大きさや比率は変えましたし
作り方も違うと思うけど。。。

パターンショップで見つけたので
本来ならパターンを買うべきだと思うのですが
ここから銀行振込とか無理だし。
いや、たぶん無理ではないんだろうけど、
国際振込手数料50ユーロとか言われると思うし
現実的に不可能。

まだ、需要は少ないのかもしれないけど
クレジットカード&ダウンロード販売のパターン屋さん、
もっと増えてほしいなあ。。。

使い心地は、普通のトートと変わりません。
個人的な好みとしては、やはりファスナー付きの方が安心。
でも、肩掛けにした時のくしゅくしゅ感がかわいいんだなー。
[PR]
by sayakafi | 2015-12-28 23:01 | handmade
<< Hyvää uutta vuo... Kestositeitä... >>