13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Joulukalenteri


Joulukalenteri、作りました!




これは、アドヴェント・カレンダーの事で、
12月に入りってからクリスマスまでの間
日にちを数える為のもの。

本来は、カードに窓が24個付いていて、
毎日窓を開けていきながら
(中にはクリスマスにまつわる絵が付いている)
日にちを数えていき、
全部開けたら、翌日クリスマスが来る、と
いうものだったようです。

子供達にとっては、
クリスマスまでの間の楽しみを増やす大事なもの、と
分かってはいても、
この時期のスーパーやおもちゃ売り場は
特設売り場が設けられ、各種アドヴェント・カレンダーで
いっぱいになっているのを見ると
親としては、ちょっと商業的すぎやしないか?と
少々引き気味になります。。。

うちはクリスチャンでもないし
意味がわかるようになるまで用意しなくていいか、
なんて思っていたのですが
2歳の時にチョコレートのものを頂いてしまい大喜び、
それからは、カレンダーの前を素通りできず
何かしら市販のものを用意していました。

でもね、レゴにキティ、
毎年ムスメが欲しいキャラは変わっても、なんだかマンネリ。
で、ムスメと話し合って、今年は作ることに。



今回は、手作りなので、中身も本人が選んでいます。
まずは、やっぱりチョコ!



そして、棒付きのキャンディ。

私が小袋を作り、ムスメが絵を描くという分業制。
疲れてくるとテケトーになってくるので、
習い事のない日に、数日に分けて作業しました。



庭の一角からいただいてきた枝に
飾りとともにつり下げたら、できあがり!

ツリーもそうなんですが、
飾るという作業は、人間の原始的な欲求なのか
なんだかとても楽しい気分になりますね。



自分で選んだお菓子だけだとつまらないかな?と
時々、私が選んだサプライズも。

気がついたら、
最近プレスクールで作ってきた人形も、一緒に飾られていました。

なんだかシュタイナーの坊主人形みたい。
シュタイナーは何冊か読んだのですが
特に意識して子育てしたつもりなし
うちのデイケアもプレスクールも
そういう特色出しているところではありませんが
自然となってしまうのかしらね?



そういえば、年々
クリスマスシーズン開始が早くなっている気がします。
ハロウィン終わったあたりで、デパートはもう
こんな風に華やかです!

暗くて寒い、辛い時期なので、
少しでも楽しく!という気持ちからでしょうか?
[PR]
by sayakafi | 2015-11-21 16:17 | event
<< Aleksin jouluka... Ommellaan 4; キャ... >>