13年暮らしたFinlandを後にして、Seattleへ。 Copyright 2007- Sayakafi. All rights reserved
by sayakafi
Ale!


またストックマンのHullut päivät
(クレイジーセール)の時期がやってまいりました。




フィンランドでは有名なこのセール、春秋の2回開催です。
特に春は、これが終わると
もうすぐいい季節が来る!という気分が高まります。

日本のセールは、シーズンオフに
売れ残ったものを売り払う、
掘り出し物を探しにいく感じだと思うのですが
この時期のセールは、シーズンに先駆けて&日用品を安く買う様な感じで
基本的にコンセプトが違います。
消費税も物価も高い国だからかな?
最近はストックマンに限らず、
この前後にミッドシーズンセールをする所も多く
夏至後とクリスマス後のを含めると4回セールがある事に。
なんだかますます定価で買わなくなるような?!



買ったものは、ほとんど食料品&ムスメのもの。
DVDは、この時に買うのが一番安いので。
日本語音声で語彙も増やせる?ジブリのものは一通りあります。

Richard Scarryの絵本はこちらでも人気で、
puuhakirjaは、そのワークブックと訳せばいいのかな?
乗り物内や、レストラン内で時間をつぶすなど
夏の旅行向けに。



普段はあまり立ち寄らない本屋にて
新しい雑誌 Kidd.O 発見!
サブタイトルに、Uusi Suomalainen Lifestyle Lehti
(新しいフィンランドのライフスタイル雑誌)とあるように
内容はライフスタイル。
ざっと見た感じ子供にフォーカスした内容が多いかな?
今までフィンランドには無かった内容の雑誌。
ちょうどムスメは、この国のベビーブームに生まれているようで
その辺りを反映して、こういう種類の雑誌もでてきのかな?



さて、買い物を終えて家に帰ろうと
自転車置き場に行き、鍵を2つ外しても
自転車が離れない!
よく見ると、見知らぬ鍵が前輪にもうひとつ
がっちりとくっついていました。

なんでこうなるの????

うちには金属を切れるような器具は無かったような。
バスで旦那の会社まで行ったら工具があるかも?
しばしパニック。とりあえず、ちょっと待ってみる。

で、思いだす。
近くに金物屋みたいなのがあったはず。
しかも地下鉄工事もやっているはず→誰かに頼めばいいんだ!

結局、ちょっと行った所に
脚立をバンに運び入れている2人組がいて、
若い方の男子が、ノコで鍵を切り落としてくれました。
助かった〜!!
そういえば、と今買ったばかりのチョコを差し出したら
「あんなのなんでもねえし、俺甘いもの食わねーんだ」

しかし、その横から彼のボスらしきおじさんの手が出てきたので
あら?と思ったけど、彼に進呈してきました。
心底嬉しそうな顔してたので、まあ、いいか。

きっと、誰かがうっかり自分の自転車にかけるはずの鍵を
私のにかけちゃったんだろうな。
きっと戻ってきて、鍵が跡形もなくなっちゃっているのに
(切り落とした後、一緒に処分してくれたので)
ビックリしただろうなー。
でも、私も、いつ帰ってくるともわからない
持ち主を寒い野外で待つわけにはいかないので。。。

[PR]
by sayakafi | 2014-04-10 17:08 | event
<< Isänsä poika Hyvää syntymäpä... >>